お金をかけない霊園と供養の方法はいろいろ

日本で昔ながらのスタイルのお墓は、一区画を購入して立派な墓石を建てるとなったら、300万円、500万円といった値段は通常です。すると費用としてはあまりに高額に感じられることもあります。
たしかに自分の両親や先祖の供養というという意味があり、将来は自分がはいるお墓という意味では、立派なお墓にしておいて損はないということもできます。それにしても自宅の経済状況が悪くて予算が立たないとなったら、格安なお墓にしてもいいという話にもなります。
墓地

最近になり格安で購入できるお墓が話題になっていますが、墓石の代わりに樹木を植えて、小さなプレートを埋め込むだけという樹木葬というものがあります。費用としては50万円前後で可能になるということで、従来の形式に囚われない人や低価格に費用を抑える目的を持つ人に人気になっています。

また、霊園全体で墓石の大きさを小さく統一しているために、立派な墓石を建てる必要がない、低価格霊園もあります。この場合、従来型の墓地で立派な墓石が並んでいる中に、小さなお墓を建てたらバランスがどうかという問題を気にしないで済みます。

いずれの場合もガーデン霊園と呼ばれている、まるで西洋の庭園かのような見た目で、たいへん環境としても納得できるものになっています。

また、墓石自体を建てずに散骨を行ったり手元供養をしたり、ゼロ葬を行うなど、お金をかけない供養の方法があります。どんな供養方法にするかは故人が決めたり家族が決めたりするわけですが、立派な墓石を建てるだけが全てではないということでしょう。